全数検査!

こんにちは😊 
クレバリーホーム岡山中区店 の ボッキーです。  

  なんと!!!!!!    




   息子(中3)が!!!!!!!!  







   高校受験に合格しました✨✨✨✨✨✨✨

  自分自身が高校受験に合格した時は、歓喜に満ちておりましたが、
 いざ、息子が合格すると、、、、、、、、、

  喜びよりも断然に 『 安堵 』 の方が勝っておりました😅   


 何はともあれ、息子よ!!!!高校合格おめでとう🎉🎉🎉🎉🎉🎉

 さて、今回は 『 全数検査 』 のご案内!    

なかなか聞きなれない 『 全数検査 』 。 

全数・・・・・全てのものを検査、、、的な意味なのですが、 
実は建築業界。この全数検査がほぼ成されていない業界なんです😨😨😨😨

  全数の反対  = 部分検査 ですね。   

全数の数が極端に多いものについては、検査がとても非効率になる事から
一定部分を検査する事で、合格とするのが部分検査になります。

 住宅の場合、木材に打ち込むビス、釘の数だけで、約2~3万発も打ち込む為、
  なかなか2万発全てをチェックする事が困難ではあります。。。。。。

  ただ、その2~3万発の中で特に大事な 

  『 構造強度に関わる釘 』 が約7000発あるので、長期保証上大事な部分に
  ついて、クレバリーホーム岡山中区店 では、 全数検査を実施しております✨

コレです!!!!! 

 クレバリーホームの躯体を支える プレミアムハイブリッド工法の要の一つ! 

  構造用面材 『 ノボパン 』 です💥💥💥💥

 実はノボパンには 壁の強度に応じて 釘の種類、ピッチをちゃんと
 明記しており、この通りに施工しないと壁強度は確保出来ない、、、という事になります😨😨

 そこまで重要なものにも関わらず、一般的には この構造用面材の釘も全数点検が
 なされず、抜取検査(部分検査)が主流となっています。。。。。。 

屁理屈人間ボッキーとしましては、
 いくらカタログに『 ○○工法なので強靭です!! 』 的な感じに書いてても
現場で適正に施工されていなければ全く意味がない!! 何なら詐欺やん!!!!💥💥💥

 とか、

建物で最も大事な主要構造部を部分検査する事自体、
かなりの疑問を感じていたので、
確実な施工をする為にも、必ず構造部の全数検査を実施しております😍

   構造用面材 のほかに 屋根垂木を台風などのあおり風から守る 
  『 ハリケーンタイ 』 も 全数検査✨✨✨✨

 美しく的確に施工頂いております(^0^) 
 
 弊社の大工さん、ボッキー自身約15年かけて巡り合った方々で、
 腕、知識、人格、どれを取っても一流な方々と自信を持っていますが、

  そんな方であっても、やはり人間、
  7000本くらいの施工で1~2本釘ピッチの是正があったりします。

 この1~2本は全数検査をしない限り、なかなか分からない部分で、大きな問題には
 ならない部分だと思いますが、長期に安心してお住まい頂く為には 
 必要な検査なんです!!!!!!  

  マイホームをご検討の際は、検査内容にも興味を持ってもらえればと思います😊